水道が故障した時には

作業員

まずは原因を探ろう

住宅においての水回りのトラブルとしてあるのが、水道水漏れである。水道水漏れでは、蛇口から水が漏れるということが原因としては最も多くなっている。水道水漏れで蛇口から漏れる場合には、多くのケースでパッキンの劣化となっている。水道水の蛇口では、パッキンが水漏れを防ぐための部品となっているが、ゴム状のものであり使用年月とともに劣化していく。パッキンが劣化することで水漏れを防ぐ機能が弱まり、結果として水道水漏れにつながることがある。また、パッキンの劣化以外の原因としては、蛇口本体内にあるコマと呼ばれる部品の劣化である。これらの取り換えについては、個人での取り換えが可能であり、部品についてもホームセンターなどで簡単に購入することができる。しかし、これらの取り換えを行っても水道水漏れが解消しない場合には、業者に依頼しての修理が必要なケースもある。蛇口本体自体の取り換えが必要なケースや、水道管自体に問題があるようなケースでは個人での交換が難しい場合がある。また、最近では特殊な蛇口が取り付けられており、部品の交換が難しいものもある。これらの修理においても、業者に依頼して修理してもらう方が良いこともある。水道水漏れについては、修理を素早く行わないと水が漏れ続け水道料金が大幅に高くなることや、漏れる量によっては浸水の恐れもある。それを防ぐために元栓を閉めると水道が使用できなくなる。その為、解決しない場合には素早く業者に依頼すると良い。